女『この人触りました』冤罪なのに連行された俺、ある一言を呟いた瞬間、警察と被害者女性が青ざめた。女『許して…』警察『それだけはご勘弁を…』

実話・体験談

女『この人触りました』

冤罪なのに連行された俺、

ある一言を呟いた瞬間、

警察と被害者女性が青ざめた。

女『許して…』

警察『それだけはご勘弁を…』

ついこの間、痴漢冤罪で引っ張られた。

「素直に認めれば罪が軽くなるよ (ニヤニヤ」

みたいに言ってきた警官の無能さに思わず、

「俺は捕まってから両手洗ってない (駅員が証人)し、

本当に触ったなら手から繊維片が出るはずだ。

女の服にも俺の皮脂や皮膚片、

場合によっては指紋が付いてるから調べろ」

と言ってやった。

警官は

「そんなことまでしなくても被害者の証言があるし……」

とか言ってたが

「いいからとっととやれ。それとも証拠隠滅に加担するつもりか?」

と言ってやったら、

しぶしぶ鑑識(?)を呼んで両手の繊維片検査と指紋採取。

女の服も女性警官が別室でいろいろ調べたらしい…。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました