嫌われる人がいつのまにか使いがちな口癖…

実話・体験談

人の口癖というのは恐ろしいものです。
無意識に使っている言葉が知らないうちに人を傷つけ、気づいたら周りから人がいなくなっている……ということって、非常によくあることです。

そんな、人が無意識に使いがちだけど、正直イラッとする言葉を20~30代の働く女性に調査しました。こんな言葉、あなたも知らないうちに使ってはいませんか?

◆嫌われる人が無意識に使いがちな「口癖」7選

まずはこちら。

◆「でも」「だって」

まずは基本。無意識な口癖で多いのが、とにかく人の意見を否定してしまうこと。「いや、私はやってないはず……」と思っている方も、一度意識してみると意外と使っているということ、あるんです。

◆「だから言ったじゃん」

何かを失敗した人に対して一言。「失敗したタイミングでそんな正義を押し付けられても……」もしくは「いや、そんなこと言われてませんけど……」と、どちらに転んでもあまりいい印象を抱かせない言葉です。

◆「それってなんの意味があるんですか?」

効率を求めて生きている人がつい言いがちなセリフ。仕事の場で使うならまだしも、プライベートで使うのはご法度。ある人にとって意味がなくても、ある人にとって重要なこと……という事柄は、思っている以上に多いもの。

◆人の好きなものをけなすセリフ全般

「ありえない」「ウケる(笑)」「それ嫌いなんだよね」などなど、いつのまにか無意識に「人の好きなものをけなす」……って、やりがちな人がとても多いもの。
世界のすべてを好きになるのは難しいとしても、それを好きな人の前で否定するのは、百害あって一利なし! 「嫌い」の気持ちを共有するのは、それが同じく「嫌い」な人の前だけにとどめましょう。

◆「はぁ?」

言っているほうはなんの悪意もなく、本当にただの口癖であったとしても、言われた側にとってはかなりキツく聞こえてしまう相槌です。
同じく、「……で?」などもキツく聞こえてしまう可能性あり。ご注意を。

◆「何かいいことないかな」

たまにならいいけれど、会うたび会うたびこれを繰り返す人。「私と会っていることはつまらないことなの?」と思わせてしまいますし、「いいこと」はそれを見つけに行く人のところに寄っていくもの。受け身でとどまっているだけではもったいない!

◆「どうせ」

自虐的な人にありがちなのがこのセリフ。「どうせうまくいかないから」「どうせ私なんて」モードにしょっちゅう入ってしまう人は、こちらが何を言っても何も変わらないし、本人に変える気がないのでもう離れたほうがいいかも……と思われてしまいがちです。

これらの口癖を使っている人、周りで見かけたことありませんか?
1回1回はちょっとした発言であっても、積み重なると与える影響は大きいもの。「いつのまにか嫌われてしまう」がないように、気を付けましょうね……。(榎本麻衣子)

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました