【怖い話】山で1人待っていると、木の間から男の子がヒョコっと出てきて…

怖い話

TKL20404006_TP_V

175: 本当にあった怖い名無し 2007/10/30(火) 05:00:54 ID:MROnb/fQO

今から20年前(当時小1)、田舎のじいちゃん家に遊びに行ったときに、じいちゃんの持ち山に身内5人で椎茸を取りに行った。
獣道ってか斜面を登って行くので、子供の力では登れず、じいちゃんに引き上げてもらいながら山を登った。
広い林の平地に着き、最年少の私は見渡しのいい平地で待っとけと言われ、みんなが椎茸取りに行ってる間一人で待った。
すると木の間から同級ぐらいの男の子がヒョコっと出てきて、
「隠れんぼしよっ!」
と言ってきた。


この子も一人で待たされてるのかなと思い、一緒に遊んだ。
その子は同じ7歳で、一人で来たと言っていた。
家族は遠いとこに住んでるって言われて不思議に思ったが、あまり深く考えずに一緒に遊んでると、
「○○~!帰るよ!」
と、お姉ちゃん達の呼ぶ声がした。
するとその子は
「また遊ぼうや!」
と言って、また木の間に走って消えた。
私は「またねー!」と大きい声でバイバイした。


お姉ちゃんやおじいちゃん達が来て、
「あんた、誰にバイバイしたん?!さっきから一人でワァーキャー騒ぎょうたけど。」
と聞かれたので、一人じゃなかったよ、とその子の話をした。


するとおじいちゃんが
「ここらにお前ぐらいの子は住んでないし、誰かの孫にしてもそんな小さい子は見た事ない。。てか子供一人でここまで来るんは無理じゃ。」
と言われた。


結局、私が夢を見てたのだろうと笑い話にされたのだが、夢じゃないのは確か、、、


ちなみにそれをきっかけに幽霊見るようになりました。
その子が幽霊だったかは未だに謎ですが。。

引用元:https://hobby10.5ch.net/test/read.cgi/occult/1190382775/



error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました