【後味悪い】ベトナム戦争時にアメリカに養子に出された娘が、ベトナムにいる実母と再会した

怖い話

street-599202_960_720

930 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/20 01:09

ドキュメンタリー。


ベトナム戦争の時にやむなくアメリカに養子に出された娘が、ベトナムにいる実母と再会。
最初は再会を心から喜んでいたのだが、数日後にベトナムの親戚連中から、
「なんでもいいから私達を支えてほしい。月々わずかのお金でいいから」と親戚一同集まった場で言われて、
そのあまりのストレートさに、アメリカで育てられた娘はショックで泣き出してしまう。
それから急に親子関係がぎくしゃくして、「来なければ良かった。早くアメリカに帰りたい」となって、
母親も「娘はベトナムの文化(一族助け合うのが当たり前)を知らずに育ったから」と諦めの涙。
シーンは2年後。
アメリカで自分の夫や子供と暮らす娘。
「あれ以来 ほとんど連絡していない。何度か手紙が来たけれど。
 私は彼らに対して自分のドアを閉めた。でもカギはかけていないから」
と捨て台詞。


現実ってこんなものなんだろうか?
前に羽賀ケンジが、自分と母を捨てたアメリカ人の父親に再会する番組をやってて、
泣きながら父親を許す羽賀のシーンがあったんだけど、
あれもやっぱり番組の構成上演技してたんだろうかと思ったよ。


932 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/20 01:30
>930
養子に出しておいて援助しろってのもな…
養育してもいない相手によく言うよ。


934 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/20 03:20
>>932
養子つっても、ベトナム戦争後の貧困下だから仕方ない部分もあったんだろうね。
姉だか妹がいて、そっちはベトナムで育ったんだよ。
言い忘れたけど、アメリカにもらわれた子の父親はアメリカ軍人ね。
オレ的には、再会した娘の理解のなさに悲しくなったな。
自分のルーツをよく知らずに、再会のきれい事の部分だけに憧れてやってきたという感じで。
ベトナムでは一族でちょっとでも金に余裕があるヤツがいたら、貧しいヤツに援助するのが普通らしいよ。
それがアメリカ的にみると、たかりになってしまうというのも寂しい話だった。



引用元:https://hobby2.5ch.net/test/read.cgi/occult/1049099646/



error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました