【人間が怖い話】小学生、海で恐ろしい体験をする

怖い話

imari0I9A5003_TP_V

624: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/02/05 21:59

小学生の高学年の時、学校から先生に引率されて海水浴に行く事になった。
着いた所はちゃんとした海水浴場で、遊泳可能の範囲にロープが張ってあった。


私は浜辺から伸びているそのロープを掴み、海に入っていった。
ロープは等間隔に海に打ち込んである杭に巻きつけられていて、
海に大きく四角いスペースの遊泳可能の場所を作り上げていた。
ゆっくりゆっくり進んでいった。海は結構遠浅だった。
沖に向かってもう一歩進もうとした時に、数メートル離れた所にいた
友人に呼ばれ、伸ばした足を少し引っ込めるようにして砂の上に置いた。
その足が前に少しすべって足の親指に何かが触れた。


私はそのつるんとした硬いものに興味を引かれて何であるか確認しようとした。
海水の中にまいあがった砂がゆっくり沈んで、それは見えた。


ビール瓶。上下半分に割れたビール瓶の下半分があった。
ちょうど鋭利な割れた部分が上になるように直立した状態で。
明らかに悪意を持って埋めたという感じで。


ふと、視線を感じて浜辺を振り返った私は、砂浜にいる高校生くらいの男数人が
私の方を興味津々と言った様に見ているのと目が合った。
そして私が浜に向かって戻り始めると皆一斉につまんなさそうな顔をした。


魚も恐いが人間も恐い、という事で…。長くてスマソ。

641: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 03/02/06 17:55
>>624
やっぱり一番恐ろしいのは生きてる人間ですね~。

引用元:http://toro.5ch.net/test/read.cgi/occult/1038436656/



error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました