【893】「墓を大きくする〜」の話に関連して、一般の人が知らないだろう墓の話。

怖い話

010kazukihiro_TP_V

20/12/14

「墓を大きくする〜」の話に関連して、一般の人が知らないだろう墓の話。
今じゃ気にする人はいないだろうけど、墓地(はかち・各家の墓石を建てる土地)は不動産なんだよ。
しかも担保になる。
墓地・霊園は市町村の土地や寺の土地を区切って多くの人に分ける共同不動産だ。でも誰かが墓を担保にして抵当に取られたら、他の墓地(はかち)、へたすると墓地・霊園そのものも取られかねない。

当然多くの人が共同不動産の持ち主なら、取られるリスクは低くなるわけで。
坊守さん(住職の配偶者)が断ったのは、その辺りの理由が絡んでいるか、その寺では墓地(はかち)を一家に一区画にしないと門徒に行き渡らないのかもしれない。


また、家にすでに墓地(はかち)がある人は知らないだろうが、墓地(はかち)は結構な値段がするので、それなりの家柄じゃないと昔は持てなかったし、広い墓地(はかち)を手に入れて分家に分ける、あるいは分家の仏さんも本家が弔う、というのが土葬の頃のやり方だった。

つまり昔の土葬時代からの墓地(はかち)は代が下がれば下がるほど小さくなるのが当たり前だし、小さいということはそれ以上の墓地(はかち)を持つのは分不相応、ってこと。
墓を大きくする時云々というのは、そういうことかもしれない。


まぁ墓じまいする人間が増えて、不動産どころか負債に近い扱いの現代じゃ気にする人はいないだろう。
逆に知っておいた方がいいことは、今霊園産業は893の稼ぎ場になってるってこと。
墓じまいも墓地(はかち)売買も樹木葬や散骨も、しっかり調べてやらないと893に金が流れるし、墓地(はかち)だけじゃなく霊園ごと持ってかれるし(そもそも散骨は日本じゃシ体遺棄)、樹木葬とか納骨堂とか言って捨てられることもある。

893は平気で寺院や葬儀会社に近づいて「仕事仲間」になろうとするんだ。
基本寺院宗教法人や葬儀会社は、古い付き合いを優先するから被害はないが、都市部の仕事がない寺院や葬儀会社、新しい葬儀会社、信仰宗教の人は結構口車に乗って893と繋がってることが多い。
墓じまいなんかは893が今一番稼げるシノギだ。

新しく始まった風習やビジネスには、すぐ893が食いついて金儲けに変えるから、その点でも墓や仏壇を手放すのは熟慮が必要だぞ。

投稿者:匿名様



error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました